「中学生の学習」と家庭教師

中学生

中学生は受験生の3年生に限らず、1年生も2年生も家庭教師のご要望やご相談がとても多い年代です。やはり小学生時代とは「定期試験」と言う学力の状況を判定する機会がある事と「高校入試」をその先に感じる事が家庭教師のご相談をされる大きな理由になると思います。

家庭教師のお問い合わせの際に相談を頂く中学1、2年生中学3年生それぞれの学習へのの疑問や相談内容からもそれを感じる事が出来ます。

 

中学生で初めて経験する定期試験ですが、この試験の結果を見て「勉強のやり方が分からないようで。」とご相談下さるケースが出て来ます。また、「塾へ行っているが成績が。」とか「通信添削をしているがそれでいいか考えている。」などのお話も相談をいだだきます。

中学生のご両親からは「学習方法」や「勉強のやり方」に迷われてご相談を下さっている印象があります。

中学生たちには「勉強方法」として様々な学習方法があります。塾、通信添削、そして家庭教師、全くの自学など、どれが子供にとって有効な方法であるかは試さなくては分からないと感じられるのではないでしようか?

中学生たちやそのご父兄が、学習のやり方選びに右往左往してしまう理由に、宣伝文句につられてしまい「本当に必要な学び方」を第一にして考える事が出来ないでいる状況にその理由を感じます。実は「小学生の学習」経験から問題が生じている事が少なからずありますので、ぜひ、「小学生の学習」をお読み下さると、この先のお話が分かり易いと思います。

 

中学生たちが身に付けるべき勉強方法や取り組み方を知らないままでいるのは、小学生時代の経験と、小学校や中学校で経験する学校の先生方の指導(学校教育に関する考察)からの影響がとても大きいように思います。

子供たちの意識の中には「学校の先生が教えた事は正しい。」と言う意識は少なからずみんなが持っています。そして、素直に受け止める意識がある年代です。学校教育に関する考察の記事をお読み下されば分かるように、学校では勉強の全てを教えていません。「どのように学校の教科書を学び、理解を深め学力を育てる」ことが必要なのかは、個々の選択に委ねられているのです。

この事に気づいて学習方法を考える必要があります。第一に考えるべきは、塾か通信添削か家庭教師かと言った学習サービスを提供する方法について選択ではなく、「何をどうやって学ぶべきか」と言った得るべき『学力』について考えるべきなのです。その「得るべき力」を身に付ける事の出来る勉強方法であれば、どんな形態の勉強方法であれ、ベストの選択と言うべきかむしろ、子供たちにとって学ぶべき勉強はその方法しかないのです。

 

この記事の本質を理解頂くには、大変面倒な作業ですが、リンクさせていただいた全ての記事を熟読いただくと、学びの本質から得るべき学力と、どのように学ぶべきかまで理解して頂くことが出来ると考えています。時間があれば、ぜひ、この記事内でリンクされた記事を読んで下さればと思います。

家庭教師の仕事を26年も続けていますと、子供たちの学習がどのように学力や人を育て、そして正しく学んだ学習経験から得た正しい力が社会へ出てからの長い人生の中で、どのように人を活かしてくれるのかまで、子供たちから、そして周りの大人たちから見えて来るものがあります。

『学力は正しく学ぶ事で得る人生の最大の武器』と長い間家庭教師の仕事を続けて来た私には思えてなりません。

 

テキストで勉強中

中学生や中学生のご両親が、もし、この記事をお読み下さっているなら、ぜひ、『正しく学ぶこととは』「正しい学びから得る力とは』何であるのだろう?と、考えてみて下さい。

そこに解答を得た人の中から、将来大きく飛躍し活躍される方が必ず生まれるだろうと思います。

家庭教師に関してお話をしますと、お話をして来た事を実践する学習を子供たちに教える事が、私の仕事の根底にあります。

勿論、子供たちが得点を伸ばしてくれるのは嬉しいです。今日は、学生教師の指導報告で、いつも英語数学が70点だった子供が90点台を取ってくれて本当に嬉しくて家庭教師と喜びを分かち合いましたが、そうして得点を伸ばすにしても、やはり、将来活躍するために必要な「正しい学び方」の基で本来の力を得て欲しいと考えています。

 

新潟市や新潟県で家庭教師をお考えにられる方がいらっしいましたら、ぜひ、家庭教師のアズ新潟までご連絡下さればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket