「勉強」正しい学習経験から得る力

校舎

世の中には色々な情報が氾濫しています。その情報には正しい情報で、その情報が得た人の利益となる情報もあれば、その情報から利益を得たいと思う人々から情報提供者が利益を得る目的を持つ情報もあります。

ネットに検索されて溢れるようにある情報には、そうした情報から人を集めたり、情報提供者が利益を得るための情報もたくさんあります。それは、こうして家庭教師や勉強に関する記事を書いている私にとっても、家庭教師のアズを色々な方に知って頂きたいと言う意味が当然あります。

ですから、様々な情報から本当に自分に意味があり役立つ情報を得ると言うのは、真剣に吟味する必要があるように思います。

 

家庭教師や勉強に関してもそれは同じで、様々な家庭教師の協会のホームページには、まるで着飾るかのようにデザインされ、「家庭教師で点数が上がった。」「勉強のやり方が分かる。」良い先生が一杯います。」と言った具合に、勉強を心配するご両親を問い合せに誘導するような文句が並んでいますし、電話をしても当然いいことばかりしか話さないでしようから、どの言葉や情報を信用しどの協会を選択していいのか、本当に悩まれると思います。

 

このお話の事が分かりやすい例として、先日家庭教師のご要望で面談をしたご家庭で、お母様がお話下さった事ですが、他の家庭教師の協会(この話の協会は教材販売のある協会です。)の話を聞こうと営業の方のお話を聞いたら営業マンが「入試にはこれは出ないから勉強する必要がない。」「出る所だけ勉強すればいい。」と言うお話をしたそうです。

そのお話を聞いてお母様は「万が一その出ないと山を張った所が出ることはないのだろうか。」「そんな山を張るような勉強が正しいのだろうか。」「高校ではその知識は必要ないのか。」と疑問に思ったそうです。

勿論、お母様の疑問は正しい疑問で、本当に勉強出来る子供は重要な部分の周りの知識もたくさん自分の物にしているものですし、進学校を考えているお会いした子供にとっても、中学の学習内容の時から「山を張り、出ない所は勉強しない。」と言うような学習が正しい訳がありません。

お会いした子供さんは「勉強が嫌いで勉強をやれない。」子供ではないので、私が信頼している家庭教師の指導でしっかり教科書の様々な内容を学びながら、出題される傾向の高い内容には時間をかけて勉強に取り組む事が高校の勉強へ繋がる正しい勉強方法が進学校へ進んでも通用する学力を育ててくれると思います。

仮に相当の「勉強嫌い」で勉強をしない子供に、少しでも勉強に向かう気持ちを引き出すために話すのであればそれは1つの方法ですが。その方針だけで中学生の子供に教えて行って、その子供は一体どんな価値観を形成して行くのでしょうか。

 

私が想像しますと、この業者が話した情報にはいくつかの業者を有利にする目的が潜んでいます。

大きな目的は「契約を頂く事」=家庭教師と同時に教材を販売する事。

そのために「試験や入試には出る内容が決まっている。」と言う情報を流すことで「その情報が欲しい。」「そればらば効果的に勉強出来る。」と言った心理をお母様に、子供には同じ心理に加えて「勉強で苦労しなくていい。」と言う心理を作り出し、その心理を利用して「この教材を使えば、そうした勉強が出来る。」と教材を購入する意味を作り出す事を目的にしていたのだろうと思います。

(そうした学ぶべき内容の重要部分が整理されている教材は、学校で購入する新研究や整理と対策がありますので、こうした業者に惑わされないで下さい。)

参考書

世の中に溢れる情報には、様々な意味が潜んでいる事の例として、先日私が家庭教師を始めたいとお考えのご家庭での面談時にお聞きしたお話をいたしましたが、このように世の中に溢れる情報から、自己の目的や将来に役立つ自分にとって本当に必要な情報を得て行く事は、たくさんの経験と知識が必要です。

このお話の例のお母様には「正しい物を見極める目」があった事で、業者からの業者有利な情報に惑わされずに済んだ事になります。情報が氾濫する現代で、自分に必要な正しい情報を得るためにも、私は小学校から高校時代そして大学時代、教科書や参考書からたくさんの情報や知識を得て学力を育てる学習で、社会へ出てからも活かす事の出来る学力へと繋がる「正しい勉強方法」を身に付けることは、現代に溢れる様々な情報から「何が正しく何が正しくない。」「何が必要で何が不要」かなどを考え選択することが出来るとても重要な「力」として、正しく学習した経験から得ることの出来る力で、勉強を通じて得る1つの大切な力になるのだと思います。

勉強のやり方勉強方法にご関心があればそちらの記事をお読み下さい。)

 

私の記事のお話が要領を得ずに、このお話の意味がどこまで皆さんに理解していただけるものか不安がありますが、「点数のため」や「合格のため」にすべき勉強は、様々な勉強方法勉強のやり方の最終段階の勉強です。「正しく学ぶ」事で最終段階の勉強は大きな効果を上げ、同時に、その学習経験が人間が生きて行く上での大きな武器を育ててくれます。

 

小学生から大学生まで、子供から大人へと成長する中で、全ての人が経験する勉強経験は、人生を豊かにするために大切な力を得る経験です。様々な学習方法の溢れる現代では、どんな勉強が必要で大切な勉強方法なのか、たくさんの大人が考えて学習方法を見極める目を持つ事が子供を育てる大人全てに必要に思います。

 

 

新潟市や新潟県内のお住まいの方で家庭教師をお考えでしたら、比較される幾つかの家庭教師の協会の中にぜひ、家庭教師のアズ新潟をその1つに選択して頂いて、ぜひ、代表との面談をお考え下さればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket