【高校入試】新潟県の高校入試情報

合格祈願

新潟県にお住まいの中学3年生のみなさん。高校への進学の意識は高まって来ましたでしようか? 義務教育の9年間の総仕上げが中学3年生の1年間です。みなさんはどうやってこの中学3年生を乗り切ろうと考えていますか?

 

『学習の疑問や相談から』の高校1,2年生へのコーナーで「彼を知り己を知れば百戦危うからず。」という中国の兵書を書いた孫氏の話を紹介しました。 この言葉の意味は、戦う相手を良く知って、同時に自分の事も良く知る事が出来れば、100回戦っても破れる気づかいはない。と言う、人間が結果を得ようとする時の心構えであり、取り組み方の教えです。 この孫氏の兵書は、昔からたくさんの有名な人が勉強し実践して来ました。中国では曹操、諸葛孔明、日本では武田信玄や徳川家康など、歴史上の人たち。 そして現代の大人達の中にも仕事を意図する結果にする時、とても意識する人がいる程有名な教えです。家庭教師も実線している人や感じ取って行動し結果を得ている人はたくさんいます。

 

まずは、その教えに沿って、『彼を知る』=『高校の事』『入試の制度』などをよく理解しましよう。必要であれば、先生や先輩に気になる高校のレベルを聞いて、早く自分の目指す高校を見つけて準備を早くから始めて欲しいと思います。 中学3年間の総まとめのような、とても範囲の広い勉強ですから、計画やスケジュールは大切ですが、途中計画のずれなども考えると、早く始める事で困る事は1つもありません。 入試の内容も難しく得点が出にくいですから、応用問題に取り組む時間を多く作れるよう早めのスタートを切って下さい。

 

LINEで送る
Pocket