勉強も仕事も同じ

目標目指して

家庭教師のご相談を頂いてお電話で色々お話をして、家庭教師をお考えになられている場合にはお世話のために、私代表であります渡辺がご家庭へ面談にお伺いしています。

新潟市や新潟県内には幾つもの家庭教師の協会がありますが、私の場合には、私が教師の選抜から研修、学習内容の管理から教師管理まで全てを行なっているために、私自身が子供さんの学習状況を把握したいのと、ご父兄の立場からみても、今後の学習相談などの際に面識のある人間とお会いして家庭教師を始められるのが1番だとの考えや、事務員などの人件費を抑え家庭教師の受講費用を抑えると言ったご家庭の金銭的なメリットも考えた上で、代表の私が必ず面談にお伺いさせてもらっています。

こうした責任を全て持つ代表が学習相談や面談にお伺いする取り組みは新潟市や新潟県内では私の所だけの取り組みだと思います。

 

その中で7〜8回の内の1回ほどの割合でしようか。勉強に関心をお持ちのお父様がお待ち下さっていて、お父様にもお会いする事があります。

比較的勉強に関する事は、お母様に任せられているお父様が多い事が通常のご家庭のように思います。ですから家庭教師の学習相談や面談でお話を聞かれるお父様は勉強へのご関心が比較的高いお父様と言う事になるのだと思います。

そうした勉強への関心の高いお父様と勉強に関するお話をしていて、お父様が良く言われるお話の1つに『勉強も仕事も一緒』と言うお話を頂く事がかなりの割合であります。

日々ご家族のために、仕事に打ち込み取り組まれているお父様が『勉強はとても大切な事で、その経験は仕事にも繋がる。』『勉強も仕事も一緒。』とお話しされる理由はどのような所にあるのでしようか?

ノートとボールペン

私がお父様の言葉の印象から感じる『勉強も仕事も一緒』と言う言葉の1番大きな理由は、難しい価値のある仕事は簡単な物ではなくて、幾つかの失敗をしながら、様々な基本原理を探って考え理解して、納得しながら1つ1つ効果のある事を積み重ねた先に、漸く結果を得たと言うような経験して来られているからこその言葉で、勉強で結果を得た経験は仕事で結果を得ることにも繋がる事を感じていられる事が理由なのだろうと思います。

『ローマは1日にしてならず』『千里の道も1歩から』とことわざにもあるような経験を、お父様方は仕事を通じて経験されているのだろうと思います。

『結果を得る』と言うプロセスには、どんな物事にも共通する原理原則やルールのようなものがあって、結果を得るために経験して来たそのプロセスは、そこからまた違う仕事に取くんでも応用が出来て変わる事がない。と言うことなのだとお話をされているのだと理解しています。

勉強する高校生

目標を持ち勉強して学びの成功体験から学力を得る経験は、将来の仕事に通じる貴重な経験として子供達の大切な財産になります。

勉強は単に知識を得るためだけのものではありません。

子供達が将来、自分の思い描く未来を作り出そうとする時に、勉強して結果を作り出して来た経験が自分を助け、また、自分が望む未来を作る力となります。

 

小学生、中学生、高校生、そして大学生のみなさん。学ぶことのできる時間がみなさんに作られ守られているのはそのためなのです。

みなさんの未来のために学ぶ時間が作られている事を忘れないで下さい。

学ぶことの出来る時間のある今を、しっかり学びの時間に使い、目標を育てながら生きて下さい。

そしての上で、勉強だけでなくスポーツに芸術に趣味に一生懸命取り組んで、掛け替えのない今を大事に大切にして生きて欲しいと思います。

 

 

【関連記事】

子供達の学力についての考察

 

 

LINEで送る
Pocket