学力は人生に必要なアイテム

本棚と本

 

新潟の中学生は定期試験の時期です。子供たちは勉強しているでしょうか?

普段はあまり勉強しない子供でも、定期試験の前は机に向かおうとしますし、真面目な子供は真剣にテストの点数を取る事を目指して勉強します。

定期試験は勉強した結果が点数で表されるのですから、ぜひ、ここは気合いを入れて勉強して欲しいところです。

 

小学生、中学生、高校生の皆さんが勉強する時に、ぜひ、心に留めて置いて欲しい事があります。

勉強した結果として得るべき最大の目標は点数では無く、勉強経験から得る『学力』こそ得るべき最大の目標なのだと言う事です。

試験やテストの得点は、あくまでも知識と知識を使い解いた結果の力を数値化したものでしかありません。知識は確かに生きる上で必要なものですが、知識だけで生きて行けるものではありません。

人間は人生の中で、目標を見つけたりその目標へたどり着くための行動を探しながら、失敗や成功を味わいながら、世の中で生きて行く力を得て行く事になります。

この世の中を生きて行く力を得るために、小学校中学校や高校、そして大学時代に勉強を通じて獲得して欲しい力が『学力』なのです。

 

現実の社会では、頭が良く、知識を得て試験で得点を取れた人だけが成功する訳では決してありません。『学力』を正しく自分の力に変えた経験がない勉強の影響なのかとも思います。その逆に、あまり知識の飲み込みがうまくなくて、試験ではなかなか点数が取れなくても、その人なりに工夫して勉強したり、苦労して勉強した人が成功するのも人生なのです。

目標目指して

『学力』は『学ぶ力』と書きます。

『学力』=『得点』ではありません。

『学力』とは、そのまま『学ぶ力』の事を言います。

 

試験は知識と知識の応用で得点が取れるわけですが、塾などに通い、決められたカリキュラムをこなして解説され身に付けた得た得点は、『学力』を伴わなくても得点になっている状態も存在します。

大事な事は『学力』を育てながら、その上で『知識』を得て使い込む経験です。

小学生、中学生、高校生時代に『学力』を得て下さい。この『学力』が大学や社会へ出てから、その後の人生を切り開く最大の武器となり、また、必要不可欠な人生のアイテムなのです。

 

勉強する時には、どんな勉強のやり方をしたら、しっかりした知識を得る事が出来るのかを考えたり、どんな勉強方法を取れば、その学習する教科に必要な力を得ることが出来るのかなど、試行錯誤しながら実践したり、また、学習時間を伸ばす工夫や、限られた時間を使うための工夫などをする事で、結果を得るためには、どんなプロセスが必要なのかを体感し自分の経験として財産になります。(【定期テスト対策】勉強のやり方の必要性もぜひお読み下さい。)

そうして、自分を変えながら結果を得て行く経験が『学力』を育てて行くのです。

この『学ぶ力』こそ、勉強経験から子供たちが得ることの出来る、人生で最も役に立つ最大のアイテムなのです。

 

定期試験は、その『学力』を育て得る事の出来る最大のチャンスです。ぜひ、これでもかと勉強して欲しいと思います。

 

新潟にお住まいで、新潟市や新潟県内の小学生、中学生、高校生たちのご父兄のみなさんで、今されている学習対策に疑問を感じられていたり、しっかりとした家庭学習の対策を取りたいとお考えで、家庭教師をお探しになられているようでしたら、家庭教師のアズ新潟まで、ぜひ、お気軽にご相談下さい。

 

【関連記事】

子供たちの学力についての考察

勉強のやり方

勉強のやり方の必要性

勉強方法

家庭学習(自学)は勉強の要

勉強方法の持つ力 70点から90点へ

 

LINEで送る
Pocket