家庭学習こそ学力の決め手

本と眼鏡

 

新潟で新潟市や新潟県内の小学生、中学生、高校生たちへ家庭教師たちと共に26年間に渡って学校の勉強を身につけるための勉強方法勉強のやり方を教えて来ました。

 

本当にたくさんの子供たちと会って、1人1人の勉強の状況を見させて頂いたり、勉強への気持ちを作ったりしながら、勉強への向き合い方から教えて来ましたが、本来の学力を作れずに勉強が嫌いになっていたり、苦手意識が育ってしまっている子供たちのほとんどが、家庭での学習の習慣が育っていなかったり、家庭での勉強を何をして行けばいいか分からないでいる状況が、勉強に対する苦手意識を膨らませて大きくしている印象があります。

 

勉強が難しくなると、まずは多くのご家庭では「塾」へ通わせようか。と言う話になります。

私の上の子供は小学3年生になりますが、やはりこの夏から、勉強が心配だったり、家で勉強しない子供の親御さんが心配して塾へ通わせるようになった。と言う話を聞きます。

肘をつく子供

その話を妻から聞くと私の口から「良くない癖がつくんだけどな。」と言う言葉が必ず出てしまいます。

その理由は、分かりやすいように極端に話しますと、勉強は自分でやるからこそ意味があり勉強の最大の目的である「学力」を得る事が出来るのであって、通塾して勉強させられて得た力は「学力」とは言えず、仮にテストの点数が上がるにせよそれは「得点力」のようなものだと思うからです。

 

通塾することで「得点力」を得る経験が長く積まれると、子供は「学力」を得たり育てる機会が失われながら点数を維持するような状況が生まれます。

「学力」が育っていないと、勉強が難しくなるに従って、自分でどう言う勉強をしたらいいのか分からなくなります。

塾へ行く行かないに係わらず、また自分で勉強をしないことで、「学力」そのものが育っていない場合には、勉強をどうして行けばいいのかが分からなくなると、勉強への苦手意識が生まれますし、勉強が嫌いなものになって行きます。

 

子供たちの勉強の状況が心配になった時、ご父兄にまず考えて頂きたいのは「学力」の源となる家庭学習をどうして行くのか。と言うことを、しっかりと頭に置いて考えて欲しいと言うことが、たくさんの子供たちの勉強状況を見て来た私や家庭教師たちの率直な考えです。

 

学力』とは『学ぶ力』と書きます。

「学力」とは「得点力」でも「点数」でもありません。「得点」や「点数」は「学力」(学ぶ力)の結果を数値にしたものです。

テストで狙った結果を出そうとする時、高校や大学受験でより上を目指す時、また、大人になって社会へ出て使われる力は、この『学力』と言う力です。

小学生、中学生、高校生、そして大学生と学んで行く中で獲得すべき最大の目的は、社会へ出てから最も大きな武器となる、この「学力」(学ぶ力)なのです。

中学生

 

この「学ぶ力」は読んで字のごとく、能動的な力で受け身の力ではありません。

この力は自学によって得ることの出来る力です。

自学の場所は家庭にあるのです。

 

家庭に於ける学習。家庭学習を第一に育てる勉強でなくて「良くない癖がつく。」と私が思わず口に出してしまう意味がお分かり頂けましたでしようか?

 

 

子供たちの勉強が心配になってしまうのは、子供の将来を思う親として当然のことです。

今の時代は、その『心配』をお金で解決するような時代です。

教育産業もまた、その「心配」を「お金」に代える事が大きな目的となってしまっている所が幾つも存在します。

その事に気づいて、本当に子供たちのために必要な勉強を大人たちが選べる目を持って欲しいと思います。そう言う目があってこそ、塾や家庭教師などの教育産業が、本当に子供たちの役に立つ業界へと変わって行くようになれる大切な視点だと思います。

 

 

家庭教師のアズ新潟は、子供たちが家庭学習や自学を身につけるための勉強を教えます。

その勉強は私たち家庭教師が、子供たちにとって最も必要だと考える「学力」を育てるための勉強方法そのものです。

新潟にお住まいで新潟市や新潟県内で家庭教師をお探しの方は勿論ですが、本当に必要な勉強の経験を子供たちにとお考えになられるご父兄の方がいらっしゃいましたら、ぜひ、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

【関連記事】

勉強方法

勉強のやり方

勉強のやる気を育てる

子供たちの学力に関する考察

家庭学習と家庭外の学習

家庭学習(自学)は勉強の要

 

 

LINEで送る
Pocket