家庭学習と家庭教師

小学生勉強中。ちょっと目を離そうか

学力や学習効果を高める最大の方法は家庭での自学の確立です。それに関して一定レベルの学力を獲得して来た方ならば、異論はないことと思います。自学は学力の向上に関しての効果が最も高いのは勿論ですが、その経験は自己の能力への自信や信頼を刺激し、自己を肯定出来る心を育て、実社会へ出てからも、その学習経験と自己を信頼することの出来る気持ちが、社会人として様々な困難を受け止め克服する力へと繋がって行きます。

 

家庭教師の勉強から学べるもの

家庭教師と共に勉強するその経験は、塾や個別指導などで行われている知識の伝授の作業とは全く異なる指導が可能になります。

それは、自力で学び学力を育てる勉強の経験そのものを伝授することで学べる経験が家庭教師の指導にはあるからです。

 

「家庭学習」と言う言葉から皆さんはどんな学習方法を想像されますでしようか?私は26年家庭教師の仕事をして来た事で、数多くの子供たちが勉強をどのように取り組んでいるかを見て来ました。

その学習は子供が希望したテキストや通信添削であったり、ご両親がそうした教材を与えて子供が勉強していたり、また、塾へ通い塾のテキストをしていたりと、「学習方法=教材などのテキスト」になっている印象があります。

 

よく「勉強のやり方が分かっていないようで。」とお問い合わせの相談が入るのですが、そうした「教材やテキスト」の問題演習の経験しかない子供たちが一般ですから、「勉強のやり方」「勉強方法」に繋がる要素がないまま貴重な学習経験を育てられずにいる訳です。その責任は授業時間を増やせないままに「学力重視」へと変貌し、学習カリキュラムだけ増やし、指導方法が確立(私から見るとですが)されていない学校教育に大いに問題が潜んでいます。

もし、この記事を読んで子供さんの学力に疑問を感じていらっしゃるようなら、1度各教科学校の授業でどんな事を教えてもらえているのかを子供たちに訊ねてみるといいと思います。

私がご両親との面談でその事を子供たちに話してもらうと、「そんな状況なんだ。」と子供たちが自学の方法を知らない理由が浮かび上がり、子供たちの学習の問題にご両親がお気づきになる事が少なからずあるからです。

教室風景、黒板と机

家庭教師を通して子供たちに伝えたいこと

私の仕事は家庭教師の協会を運営する事ですが、私がこの仕事に出会ってから、どっぷりと仕事にはまり込み、この仕事へのモチベーションを未だに刺激してくれる最大の理由はこの問題にあります。

「どう勉強する事が、将来に活きる、人生に必要な学力なのか。」これが、家庭教師たちと共に子供たちに教える根底にあるテーマです。

 

点数を取らせるだけなら、類似の問題をひたすら多くこなせばそれなりの結果が出ます。高校への進学をテーマにする塾に多い手法ですが、正直にお話をすれば、その後の人生にその学習が活かされる事はありません。

そうした子供たちを取り巻く「学習環境」そもものに問題を感じ、家庭教師にしか出来ない「自学」のための勉強を教えたい事が今の私が家庭教師の仕事を20年以上に渡り、新潟は地元で色々な情報を知っていましたが、高校の名前すら全く知らなかった北陸地方で、土地勘さえ知り合いさえいなかった中でこの家庭教師の仕事を続けて来る事の出来た最大の理由だと思っています。

 

小学生から中学、高校へと、子供たちは知識を増やし、様々な経験をしながら人間形成されて行く大事な過程に生きています。

 

子供たちを育てられている最中のご両親には「家庭学習」のあり方を良く考えて頂くことで子供たちが得る「力」や「経験」がその後の人生に大きな影響のあることを想像してみて下さることは、「子育て」の中で、とても大切なことのように思います。

家庭教師を新潟市や新潟県内でお探しであれば、家庭教師のアズ新潟に、ぜひお気軽にご相談下さい。

LINEで送る
Pocket