志望校合格の連絡が入り出しました。

満開の桜花びら

この時期になると嬉しい連絡が入るようになります。推薦や専願で高校への進学が決まったご連絡や、大学はA0入試や推薦での合格の連絡です。公立高校入試や大学入試の2次はこれからで、まさに直前の勉強の真っ最中の子供たちの方が多いので、その子供たちの方へ意識が向かっていますが、何度聞いても、この「合格しました!ありがとうございました。」はこの仕事をして良かったなぁ。と思います。

本当に何度も聞きたい。くどいですが何度でもです。

その反面淋しさが込み上げて来ます。長い間お世話して来て面談の時の子供たちの顔を思い浮かべ、同時に家庭教師でお世話するのも終わりになるのだなぁ。と、ちょっとだけ残念な思いがあるのが正直な気持ちです。

そのままご兄弟がいらっしゃって、下の子もお世話をお願いされることも数々ありますが、家庭教師のお世話が終了する場合にはやはり淋しいものなのです。

もう新潟や北陸地方でもこの時期を何度も経験して来ましたが、志望校合格のご連絡は本当に嬉しい反面淋しさも感じさせてくれるそんな時期です。

冬の寒さと太陽が雲に隠れたままの気候が余計にその気持ちにさせるのかもしれません。

その気持ちを出さないように、志望校へ合格し、それまで頑張っていた子供たちへ「ご苦労さま。頑張ったね!」とお伝えして下さるようご両親へお話します。今年も既にそんなやり取りを何度かお母様としましたが、担当の家庭教師を信頼し、本当に受験まで良く頑張っていたのを知っているからです。

最初の志望校より上の高校、目標の大学への進路が決まった子供たち、今頃、希望に満ちた時間を過ごしているのだろうなぁ。きっと家庭教師と共に勉強して来た1年、長くお付き合いして来た子供は4年なのですがですが、その経験は子供たちの人生で大きな財産になってくれると思います。

本当におめでとうございます!

そして長い期、間家庭教師とのお付き合いと勉強をしていただいて本当にありがとうございました。

合格しますように

そして、ここからおよそ1ヶ月。さぁ。いよいよ入試シーズン真っただ中に入ります。頑張って未来を掴め子供たち!神様は子供たちの頑張りをきっと見ていてくれています。

先に志望校合格を決めた子供たちに負けないようラストスパート!

 

たくさん私を嬉しく淋しい思いにさせて欲しいと思います。そして月末は新潟市を中心に家庭教師をする学生家庭教師たちが私の所へ状況報告にやって来ます。気を引き締めて最後の学習アドバイスをしたいと思います。

家庭教師の仕事をしてこの時期が私も受験生も1番気持ちが揺れ動く時期です。お腹にぐっと力を入れて私も家庭教師たちも、そして受験生も、今を一生懸命生きて未来をつかみましょう!

LINEで送る
Pocket