新潟と北陸の家庭教師のみなさんへ

雪をまとった木々の枝

寒い時期です。冬の寒さの極まるこの時期、新潟県や北陸地方は移動するのも嫌になる時期です。昨日は鳥取で車が40台ったでしょうか?一晩動けなくなってしまったニュースがありました。積雪は40センチと言う事なので新潟や北陸では普通にある積雪ですが、そうした事態が起きるほど大変な状態が積雪40センチなのですね。

そう考えると、雪国の家庭教師のみなさんの根性は凄いものです。普通に担当のお宅へ通って行きます。新潟の場合は担当宅へ一番長い距離を通ってくれているのが大学生です。片道40キロ近く。往復80キロ。人柄も良く人間的にもしっかりしていて私も大好きな学生です。この数日の積雪の際は大変だったろうなぁ。と有り難い気持ちで一杯になります。

勿論、この学生の教師に係わらず、多くの家庭教師のみなさんがこの積雪の中、車だったり電車やバスを使ったりしながら担当の家庭へと足を運んで、指導が終わる夜の9時や10時に自宅へ帰るのですから、寒い中本当に感謝の気持ちで一杯になります。この場をかりて、新潟や北陸の家庭教師の皆さんにお礼をいたします。本当にありがとうございます。

家庭教師のみんさんの子供たちへの真剣な思いや取り組みを私は協会を運営しながら確認をしていますから余計に頭の下がる思いです。

家庭教師を経験された事のない方が、もし、この記事を読んでいらっしゃるのなら、家庭教師をする方々は本当に良い方々が多いのですよ。そうお伝えしたいです。

 

そうした家庭教師の皆さんの誠実な取り組みを私は理解して、通いの時の大変さや、指導上の悩みなどを受け止めながら接して行きたいと考えています。ですから、家庭教師の先生から、渡辺さんから任せられた子供さんだから何があっても頑張りますよ。と大変嬉しいお話を頂くこともあります。

ですが、他の家庭教師協会で家庭教師を経験した方のお話を聞くと、どうもそうした普通の人間らしい付き合いの出来ない家庭教師の協会がとても多いようです。何か家庭教師の方々を駒のように考えている所が多いのだと分かります。

冬道の運転みなさまお気をつけください

家庭教師の皆さんが子供たちへ心ある指導や対応をしていただくためには勿論なのですが、家庭教師の皆さんも家庭教師の協会の人間もお互い人間ですから、お互いに心を持って接する事が当然だと思います。私はそうした普通の家庭教師協会が日本のあちこちで頑張っているのを知っていますが、絶対数は少ないのです。地域に事務所がないままインターネットだけで生徒募集をしているような所は、その最たるもののように思えてなりません。

 

私の所で家庭教師をして下さっている皆さんの顔を思い出しながら、人間味の無いような協会で家庭教師をされている方もいる事を知っていますので、こんな真冬の通いにも大変な時期に、心まで冷たくならないよう季節に負けないで欲しいと思います。そして行き帰りには体を暖かくして気を付けてお帰り下さい。

 

もし、新潟県や北陸地方で家庭教師として子供たちに自分の学習経験を活かしたい。とお考えの方がこの記事をお読み下さっているのなら、いつでも家庭教師のアズ新潟、家庭教師アズ金沢教室までお電話を下さればと思います。子供たちのため家庭教師の皆さんのために信頼いただけるよう新潟や金沢で家庭教師のアズは仕事をしてまいります。

LINEで送る
Pocket