新研究と整理と対策【夏休みに差を作る】

各教科の問題集

 

新潟市や新潟県内の中学は夏休みに入りました。

 

新潟にお住まいの中学3年生のみなさん。受験生としての自覚は出来ていますか? 昔からずっと言われていることですが、受験勉強は夏で大きく差が付きます。

ですから部活が終わって勉強に集中出来る人は勿論ですが、まだ部活のある人も、この時期は勉強時間を確保して勉強する。その勉強経験が夏休み明けてからやって来る受験勉強本番の自分を支えてくれることになります。

 

この夏休みに勉強時間をしっかり確保しなくてはならない理由が幾つかありますので、これからそのお話をしたいと思います。

 

使うべき学習教材は新潟市や新潟県で学校で購入する「新研究」や「整理と対策」です。

「新研究」や「整理と対策」に関する学習アドバイスは下記をお読み下さい。

新研究と整理と対策の入試対策

新研究と整理と対策の受験勉強スケジュール

 

夏で学力に差が付く理由

 

1・学校の勉強がストップすることで、過去に勉強した内容の復習のみに時間を充てることが出来る。

2・通学がない事で、丸々1日ある時間を自分独自の学習計画に使うことが出来る。

3・1、2年生の復習を1度は終える切る事が出来る時間があることで、1、2年生の穴を埋める事が出来るが、その復習が夏休み明からの学校での学習を濃いものにする事が出来る。

4・夏休みを計画的に学習した経験は、休みが明けて学校へ通いながらも継続する学習姿勢を作る事が出来る。

5・夏休みに学習に向かった経験が、その後の受験勉強を乗り切って行く学習意欲を作る事が出来る。

 

上げて来ましたように受験生にとって夏休みに勉強した経験が夏休みが明けてからの学習効果に大きな差を作り出します。

 

4番5番は受験勉強を学校の勉強と平行して学習を続けるために大切な学習を続けようとする学習姿勢や学習意欲を育てるため夏休みこそ勉強してもらいたい。と言うお話ですが、1番から3番目のお話は、中学3年間で勉強した内容を自分の学力として得て行くために、とても重要なお話になります。

夏休みに1、2年の復習をしっかり行って、1、2年生の学習の穴を埋めておくことの有効性は休み明けからの学校の勉強を吸収しやすい自分を作る事が出来るからです。

肝心なお話なので、しっかり頭に入れて欲しいのですが、夏休み明けてからの学校の勉強は、特に主要3教科の国語英語数学に関しては、学校の学習内容そのものが、高校入試の内容に非常に近い内容であったり、入試で獲得する得点に差が出る学習内容なので、学校で受験勉強が出来ると言うような学習環境が学校での勉強なのです。

中学3年生の内容は中学3年間で1番難しい内容な訳ですから、この内容で得点出来る事は獲得する得点の差を広げます。

そして、この夏休み明けからの学校の勉強を理解し易い状況を作り出すためには、1、2年生の学習内容を復習し穴を埋めておくことが不可欠だからこそ夏休みにはしっかり学習しなければならいのです。そしてその学習の要は学校外で1番学習時間の確保が出来る家庭での学習です。

昔から言われている志望校合格に向けては『受験勉強は夏で大きく差が付く。』と言うお話にはしっかりとした理由があるのですね。

祈合格

 

新潟市や新潟県で来春受験を経験する中学3年生のみなさん。今回のお話を良く頭に置いて、大切な夏休みにしっかり学習経験を積んで下さい。

 

 

家庭教師のアズ 新潟は新潟市や新潟県内で家庭教師と共に、学校で購入するテキスト「新研究」や「整理と対策」を使った受験勉強を教えます。

「新研究」や「整理と対策」を使う受験勉強のスタイルは、1つの学習教材をしっかり頭にしまい込むと言う受験勉強成功のためには1番効率の良い受験勉強スタイルです。

学校で使う教材以外をするような塾や通信、また教材を購入しなくてはならない家庭教師などの勉強は、子供たちの負担を広げ、学習効果を損なうスタイルです。

もし、新潟市や新潟県内で家庭教師をお探しでしたら、ぜひ、お気軽に家庭教師のアズ 新潟までお問い合わせご相談下さい。

 

 

 

 

【参考記事】

新研究と整理と対策の入試対策

新研究と整理と対策の受験勉強スケジュール

家庭での学習(自学)は学習の要

教材を購入しなくてはならない家庭教師

「受験勉強」中学高校2年生のみなさんへ

「入試対策」受験勉強のスタート

中学3年生の勉強/中学3年生疑問や相談から

中学生の学習と家庭教師

高校入試直前の学習対策

受験勉強最後の追い込み

「高校入試」新潟県の公立高校入試の傾向と対策

新潟県公立高校入試の各教科の問題分析と対策

 

 

 

LINEで送る
Pocket