新潟県の高校入試合格発表

緊張の1日が終わりました。北陸地方は明日以降に合格発表ですが、新潟県では一足早く公立高校の合格発表が昨日行われ、志望校合格を決めて喜んでホッとししている受験生、残念ながら第一志望に届かずに残念な思いをしている受験生と、人生で初めて経験した高校受験の結果を今はそれぞれが様々な思いで受け止めていると思います。

 

私の協会で家庭教師と共に勉強をして来た受験生たちも、多くが志望校へ合格をしてくれましたが、今一歩届かなかった生徒もいました。喜びと同時に悔しい結果も。受験の結果として明暗は分かれました。

「間違いなく合格する。」と見ていた生徒が実力通りに合格したとの連絡もあります。家庭教師と共に「合格はボーダーに近い」ので試験でケアレスミスせず、実力を出し切るしかない。と思って心配していた生徒が「合格した。」連絡を頂いて家庭教師と共に大喜びした嬉しい結果もあれば、「厳しいが合格して欲しい。」と願っていた生徒が残念ながら第一志望に届かなかった結果もありました。

結果は様々ですが、まずは受験生の皆さん、人生で初めて経験した受験を本当にご苦労さまでした。

 

志望校へ合格した生徒の皆さんは、受験勉強の経験を財産にして次の進路への糧にして下さい。自分が入学試験へ向けて取り組んだ経験を、この先色々な局面で思い出し、経験を活かして皆さんの未来を切り開いて欲しいです。

残念ながら、第一志望に届かず悔しい思いをした生徒は、残念な結果に今回は終わりましたが、この経験こそが次のステップへの財産です。「失敗の経験は進歩する大きなチャンス」になります。

人生は自分が未来を切り開きたいと思えば何度でも何度でもチャンスがあります。次のチャンスにこの経験を活かす事です。

 

人生で初めての高校入試の経験から、1つ1つすべきを見つけて行動にしたり実行して行くことは、その行動から成功や失敗の結果が出ることから、次の目標をクリアするために貴重な経験をする事が出来た事と、成功した経験失敗した経験から、皆さんの人生を自分の力で切り開いて行くために、かえがえのない経験と同時に大きな力を作り出せる機会であった事を学んで欲しいと思います。

桜と卒業証書

受験生として過ごした中学3年生の1年間。過ぎ去ればあっという間だったと、きっと今は思っていると思います。同じ様にこれからの高校生活も過ぎ去って行く3年間です。そして、これからの3年間は受験生だった皆さんが大人へと成長するためのかけがえのない3年間です。1日1日、そして1年1年を高校生らしくたくさん色々な経験をしながら、世の中を学びつつ、勉強をし、見聞を広め、自分という存在をどんな風に社会で活かし、どんな存在になって行きたいかを想像しつつ考えながら、たくさん高校生活を満喫しつつ、自分を育てて行って欲しいと思います。

 

受験生だった皆さん、本当にご苦労さまでした。

 

 

そして、これから3年生に進級する皆さん。いよいよ皆さんの出番です。心の準備は用意出来ましたか。これからの1年間を大事に大切にして、先輩たちと同じように未来を切り開きましょう。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket